愛ちゃん大泣き。韓国と大接戦の末、勝利!

mixiとステップメールで28万円≪2つの【再配布可】特典付き!!≫
新品の化粧品を10円で購入する方法

旬なニュースおたく

超簡単!稼ぐ仕組みを作る方法
スポーツでダイエットに失敗するのは、ある秘密を知らないから

【FXスマート・システムトレード法】誰でも簡単「サヤ取り」の理論を使い賢く資産増殖
競馬界震撼!話題沸騰の超高精度予想。的中率70.4%。なぜここまで的中し続けられるのか?
これで月10万稼いでもらうわよ。これで稼げなかったら辞めてもらうわ
2008年02月27日

愛ちゃん大泣き。韓国と大接戦の末、勝利!





<卓球・世界選手権(団体戦)
日本3−2韓国>◇26日◇中国・広州◇女子1次リーグ◇D組
日本がライバルの韓国に3−2と劇的な逆転勝ちを収め、
4大会連続のメダル獲得に大きく前進した。
2−2で迎えた最終戦で、
1番手でストレート負けしていた福原愛(19=ANA)が再登場。


フルゲームの大熱戦の末、
相手のマッチポイントをはね返して勝った。
これで4戦全勝で、
1次リーグD組の最終戦(27日、フランス)を残して
同組1位で決勝トーナメント進出(12カ国)を決めた。



同C組の男子は3−0でロシアに快勝し、3戦全勝とした。



勝利を決めた瞬間、福原だけでなく、
日本チーム全員が跳び上がった。
最終試合の最終ゲーム9−10。
1ポイントを落とせば日本が敗れる土壇場から、
福原は3ポイントを連取して逆転勝ちを収めた。


「最後まで絶対に負けないという気持ちで戦った」。
派手なガッツポーズで勝利を祝った。



普段は勝っても泣かない福原が泣いた。
あふれる涙を止めることができなかった。
第1試合で元中国選手の唐にまさかのストレート負け。
悪い流れをつくったことに責任を感じていた。
「もう全身が(緊張で)ガクガクしていた。本当に苦しかった」。



合宿で繰り返した最後に2本連続で取る練習が、最後に生きた。



全日本女王の平野に救われた。
福原が敗れた直後の2番手として出場し、
ゲーム0−2から逆転勝ち。



3番手の福岡が敗れた後、
再び平野が勝利を収めてタイに持ち込んだ。
「厳しい状況でも向かって行けた」。
その気持ちを、5番手で再登場した福原が受け継いだ。




この1勝でフランスとの1次リーグ最終戦に敗れても
日本のD組1位通過が決まった。
決勝トーナメントはシードとなり
準々決勝からの出場だ。



対戦国は他の組の2位か3位で格下。
準々決勝に勝てばメダルが決まる。
今年の日本女子のテーマは「魂」。
気迫を込めたプレーで、メダルまで突っ走る。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080227-00000018-nks-spo



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/87357242

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。