ソフトバンクモバイルが10カ月連続首位

mixiとステップメールで28万円≪2つの【再配布可】特典付き!!≫
新品の化粧品を10円で購入する方法

旬なニュースおたく

超簡単!稼ぐ仕組みを作る方法
スポーツでダイエットに失敗するのは、ある秘密を知らないから

【FXスマート・システムトレード法】誰でも簡単「サヤ取り」の理論を使い賢く資産増殖
競馬界震撼!話題沸騰の超高精度予想。的中率70.4%。なぜここまで的中し続けられるのか?
これで月10万稼いでもらうわよ。これで稼げなかったら辞めてもらうわ
2008年03月07日

ソフトバンクモバイルが10カ月連続首位

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080307-00000943-san-ind


ディズニーモデルで
更なる増加が予想されるんじゃないでしょうか




電気通信事業者協会が7日発表した
2月の携帯電話契約数によると、
新規契約者から解約者を差し引いた純増数で、
ソフトバンクモバイルが10カ月連続首位となった。


新入学生や新卒者など、
新規獲得の最大商戦となる3月も、
激しい顧客争奪戦が続きそうだ。




ソフトバンクは22万8100件増。
3カ月連続で純増が20万件を上回った。



ホワイトプランなどの料金体系定着に加え、
学生向けに3年間基本料を無料とした
「ホワイト学割」が「純増に貢献している」という。




KDDIはauとツーカーの合算で、
20万1200件増。
2月に7機種の発売で端末が出そろったほか、
新規の顧客や22歳以下の
ユーザー向けのキャンペーンの効果が奏功した。


ただ、プリペイド式の端末が、
純増数全体の3割超の6万件以上となっており、
他社もこの動向を注視している。




ドコモは4万3700件増で3位に浮上した。
「解約率は依然として低いが、満足できる数字ではない。
春季限定のキャンペーンで新規獲得に注力したい」としている。




PHSのウィルコムは
「新機種発売の3月を前に買い控えが目立った」といい、
2万9500件減と昨年11月以来の純減。


1月にドコモを抜いたイー・モバイルは、
4位となったものの、4万2800件増と
1月より純増数を増やした。
今月末から音声サービスも開始するため、
さらなる需要が見込めそうだ。


携帯ど素人があっという間に携帯ビジネスで月収100万円稼げた方法



posted at 17:08
Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:経済
エントリー:ソフトバンクモバイルが10カ月連続首位
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。