経済

ちょっとした工夫でガソリン代を節約する方法
FXの基本!為替と原油の不思議な関係

旬なニュースおたく

超簡単!稼ぐ仕組みを作る方法
スポーツでダイエットに失敗するのは、ある秘密を知らないから

【FXスマート・システムトレード法】誰でも簡単「サヤ取り」の理論を使い賢く資産増殖
競馬界震撼!話題沸騰の超高精度予想。的中率70.4%。なぜここまで的中し続けられるのか?
これで月10万稼いでもらうわよ。これで稼げなかったら辞めてもらうわ
2008年03月07日

ソフトバンクモバイルが10カ月連続首位


旬な情報ランキング
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080307-00000943-san-ind


ディズニーモデルで
更なる増加が予想されるんじゃないでしょうか




電気通信事業者協会が7日発表した
2月の携帯電話契約数によると、
新規契約者から解約者を差し引いた純増数で、
ソフトバンクモバイルが10カ月連続首位となった。


新入学生や新卒者など、
新規獲得の最大商戦となる3月も、
激しい顧客争奪戦が続きそうだ。




ソフトバンクは22万8100件増。
3カ月連続で純増が20万件を上回った。



ホワイトプランなどの料金体系定着に加え、
学生向けに3年間基本料を無料とした
「ホワイト学割」が「純増に貢献している」という。




KDDIはauとツーカーの合算で、
20万1200件増。
2月に7機種の発売で端末が出そろったほか、
新規の顧客や22歳以下の
ユーザー向けのキャンペーンの効果が奏功した。


ただ、プリペイド式の端末が、
純増数全体の3割超の6万件以上となっており、
他社もこの動向を注視している。




ドコモは4万3700件増で3位に浮上した。
「解約率は依然として低いが、満足できる数字ではない。
春季限定のキャンペーンで新規獲得に注力したい」としている。




PHSのウィルコムは
「新機種発売の3月を前に買い控えが目立った」といい、
2万9500件減と昨年11月以来の純減。


1月にドコモを抜いたイー・モバイルは、
4位となったものの、4万2800件増と
1月より純増数を増やした。
今月末から音声サービスも開始するため、
さらなる需要が見込めそうだ。


携帯ど素人があっという間に携帯ビジネスで月収100万円稼げた方法



旬な情報ランキング

posted at 17:08
Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:経済
エントリー:ソフトバンクモバイルが10カ月連続首位
2008年03月05日

mixi、 苦情殺到! 新規約修正


旬な情報ランキング
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080305-00000069-zdn_n-sci
http://news.livedoor.com/article/detail/3540292/




ミクシィは3月5日、3日付けで
告知したSNS「mixi」の新規約(4月1日から適用)に
規定した著作権に関する条文について、
「修正を検討する」と発表した。



この条文には多くのユーザーが反発しており、
同社にも問い合わせや苦情が殺到していた




問題となっていたのは新規約の18条。
「ユーザーが日記などを投稿する場合、
ユーザーはミクシィに対して、



その情報を国内外で無償・非独占的に使用する
(複製、上映、公衆送信、展示、
頒布、翻訳、改変等を行う)権利を許諾するものとする」
「ユーザーはミクシィに対し、著作者人格権を行使しない」
という内容が盛り込まれていた。




これについてユーザーから
「ユーザーの日記や写真を、
ミクシィが勝手に書籍化するつもりでは」



「ユーザー間のメッセージも、
勝手に公表される可能性があるのでは」といった
不安の声が相次ぎ、同社にも問い合わせが殺到。




同社は4日に「日記を無断で書籍化することはない」などと
弁明していたが、5日になって、
新規約の修正を検討すると発表。



「18条に、ユーザーに著作権があることの
明記などを検討している」という。



また、ユーザーの問い合わせに答えたり、
用語解説などを行うQ&Aページの開設も検討。
今後早急に対応を進め、mixi内で随時、
状況を知らせるとしている。



mixiを使って30日で10人の女友達を作る方法




旬な情報ランキング

タグ:mixi youtube
posted at 23:20
Comment(1) | TrackBack(2)
カテゴリー:経済
エントリー:mixi、 苦情殺到! 新規約修正

ハーゲンダッツまでも値上げ


旬な情報ランキング
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080305-00000080-mai-bus_all



ハーゲンダッツジャパンは5日、
コンビニなどで販売するアイスクリーム
28品目を6月1日から
3.2〜8.0%値上げすると発表した。



乳製品などの原材料が高騰しているほか、
原油高で包装資材の価格も上昇しているため。



値上げは92年2月以来約16年ぶり。
主力商品の「ミニカップ」の
希望小売価格(税別)は250円から270円に上がる。




石油高の影響はどこまで続くんでしょうか
ハーゲンダッツは元が高いのに
値上げとなると
なかなか手が出せなくなる(;´Д`)
大好きなのに・・・



【定価の20%OFF】ハーゲンダッツを見てみる



旬な情報ランキング

posted at 23:08
Comment(0) | TrackBack(1)
カテゴリー:経済
エントリー:ハーゲンダッツまでも値上げ
2008年02月29日

女性のおっぱい、寄せて上げて“緩める”


旬な情報ランキング
http://news.livedoor.com/article/tb/3532248/



2月12日は「ペニシリンの日」「ボブスレーの日」。
そして、「ブラジャーの日」でもあるのだそうだ。




1913年2月12日は、アメリカ人のメアリー・ジェイコブさんが
ブラジャーの特許を取った日。
この日から女性の社会進出が始まったといわれる。



いや、年中締めたり緩めたりの“おっぱい受難の時代”が
始まったともいえる。
男性がほおを“緩めたり締めたり”して“ブラジャー”と
発音するのも、この日が起源ということなのだろうか。




“ヨコムネ”を自然に締めるのが理想の形

2008年2月12日にワコールが実施した
「女性の『胸』に関する意識調査」(PDF)によれば、



女性の胸の理想像は谷間やボリュームよりも
「ヨコムネ美人」だという。
美しい胸の要素とは「横から見たときの形重視(66.2%)」、
「自然に見えるか(60.2%)」の2点が圧倒的な支持を集め、
「胸の谷間(47.8%)」や「大きさ(24.2%)」を大きく引き離した。大きさよりシルエット、ナチュラル重視という結果になっている。



★バストアップの王道★早い者勝ち!!




理想のヨコムネ女性は、
藤原紀香さんや、米倉涼子さん、
そして「ルパン三世」のキャラクター峰不二子さんといった
プロポーション美人。
もちろんこの調査の回答者は女性のみ(20歳〜39歳の600人)だ。











旬な情報ランキング

posted at 12:06
Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:経済
エントリー:女性のおっぱい、寄せて上げて“緩める”
2008年02月28日

携帯業界の価格競争はいつまで続くのか


旬な情報ランキング



利用者にとってはうれしいかぎりですが
本当に大丈夫なんでしょうか
日本は海外に比べると
まだまだ高いみたいですが




ソフトバンクが発足して
携帯業界は荒れてませんか?



旬な情報ランキング





携帯電話業界に料金競争の嵐が吹き荒れている。
昨年初から値下げを仕掛けてきたソフトバンクは
、契約者獲得でトップ。対抗してKDDIとNTTドコモも、
ソフトバンクと同様に家族間通話24時間無料の
割引策を打ち出した。



利用者にとっては歓迎すべき動きだが、
携帯各社の収益力は弱まり、
端末やサービスの品質低下を招く恐れもある。



大手3社のこの1年の株価は3割近く下落しており、
過熱する消耗戦に投資家も厳しい目を向けている。




NTTドコモは27日、
「ファミリー割引」などを契約すれば
家族間の通話料金を4月1日から
24時間無料にすると発表した。




KDDI(au)が先週発表した
料金改定とほぼ同じ内容で、
これによりKDDIは年間250億円、
ドコモは800億円の減収を見込む。





家族間通話の無料化はPHSのウィルコム、
ソフトバンクが先行。
今年3月に音声サービスを始める
イー・モバイルも自社端末同士の通話無料を打ち出しており
携帯全社で家族間無料が実現することになる。





ドコモとKDDIは当初、
ソフトバンクの攻勢に対して
「単純な料金競争をやるつもりはない」
(小野寺正KDDI社長)と距離を置いていた。




しかし、ソフトバンクに利用者が流れ始めると、
昨年6月にドコモ、
同7月にはKDDIも基本使用料の大幅割引を発表。




この結果、半期分でドコモが約400億円、
KDDIも約200億円の減収を余儀なくされた。
今回の家族間通話無料化も、それと同等の減収圧力になる。




こうした消耗戦のダメージが懸念され、
携帯3社の株価は低迷している。
この1年間でドコモとKDDIの株価は約28%下落、
ソフトバンクも25%下落した。




KDDIが家族間通話無料化を発表した後の
今月22日には同社株が10・1%下落し、
東証1部で値下がり率トップとなった。





野村証券は26日にドコモとKDDIの
投資判断を引き下げた。
ただ、今回のドコモの対抗策で、
大きな価格競争は一段落したとの見方を示す。




リーマン・ブラザーズ証券アナリストの津坂徹郎氏も、
「株価はすでに下がっており、
ドコモの値下げはそれほど影響がないのではないか」とみて、
今局面では織り込み済みと指摘する。





ただ、携帯電話が日用品となった今、
利用者はサービス拡充や高機能化よりも
値下げに敏感になっており、
料金競争の行方は予断を許さない。



【モバゲッチュー】無料携帯エロゲー




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080228-00000068-san-ind

旬な情報ランキング

posted at 11:24
Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:経済
エントリー:携帯業界の価格競争はいつまで続くのか

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。